スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
logo_2hanx2 自転車用品の海外通販価格比較サイト 2hanx2.com
最新登録商品割引率ランキングもやってます。

自転車ブログ
ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ 通勤・通学へ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


サコライド伊豆430 その3 ベリーオレに生命をかけて

2012/02/01 Wed
前回に引き続きサコライド伊豆430も終盤。しかし終盤とはいえココからが本番。
逆周り組の情報で「箱根はおそらく凍結しているだろうから通ったらダメよ」とのアドバイスをいただき、自分も死にたくないので今回は迂回ルートである熱函道路経由に変更。

第5チェックポイント 松原公園花時計
第5チェックポイント 松原公園花時計

とはいえ次のチェックポイントである三津シーパラダイスまではどちらのルートも一緒。
まずは残りの西伊豆をやっつけるべく松原公園を後にする。

土肥から三津までは本気で何もない海岸沿いの山道(矛盾した言い方だけどリアス式海岸ってそんな感じだよね?)。先ほどのマーガレットライン程ではないにせよ、かなりの勾配の登りが続く。
そういえば大昔に車で来たときは台風の日で海に飲まれかけたのもココらへんだったっけ?

登ったら当然下るわけだけど、懸念していた暗闇のダウンヒルはガードレールかセンターラインを見ていればいいのでなんの問題もなくこなし(ただしコレが対向車があるような場所だと向こうのヘッドライトでセンターラインが溶けたりして死ぬ)ながら「地震が起きて津波が来たらどうしよう…」と思いながら登ったり下ったり。

第6チェックポイント 三津シーパラダイス
第6チェックポイント 三津シーパラダイス(297km) 21:25

幾度かのアップダウンを経由すると夜釣りの人や対向車が増えていき、やがて街の灯が目に入ってくる。車輪よアレが三津の灯だ。三津シーパラダイスでエビデンスの写真を撮って早々に近くのコンビニへ。

カップスープとホットコーヒーで暖を取りながら「後130kmか(本当は迂回ルートは440kmオーバーなんだけどこの時は気がついてなかった)そして今が14時間、ここから熱函越えるのと疲れを差し引いても21~22時間で帰れるっしょ?」と考えていました、ここまでは。

三津を出発して函南に入って、いざラスボスとなる熱函道路。多少霜が降りているような路肩を見ながら段々と標高を稼いでいく。「ん?なにかおかしい・・・」ずっと登りなのに体が暖まらない、というより寒い。

間違いなく気温は氷点下。そして鷹ノ巣山トンネルを抜けると後は来宮~熱海へダウンヒル。
もちろんピークで持っているものを全て着てネックウォーマーも忘れない。

が、、、、下りはじめてすぐにブレーキを握るのが辛くなるほどの冷気。登りで暖まることなく来てしまったのにこの気温のダウンヒルはまずい・・・まずい・・・まずい・・・

熱海を越えた頃には寒さで意識が朦朧。この状態で車と並走するのはマズイと判断して湯河原でマクドナルドを発見してドアを開こうとするも24時間営業はドライブスルーだけで開かず、隣のバーミヤンに避難したのが23:45。

ラーメンやスープを食べて強制的に体を温め、しばしチャーハンに手を突っ込みながら仮眠を取って顔を洗って再起動したのが1時間以上後の明けて1/29 1:09。残り距離100km程度、ふむ寝たとはいえさすがにあとは平坦だし5時間もあればつくでしょう。とすると22.5時間かな?という妄想は、再出発した瞬間の落車しかねないほどの震えで打ち消されたのかもしれません。

第8チェックポイント 根府川駅
第8チェックポイント 根府川駅(353.1km) 2:29着

そして降り始めた雪の中を、第7チェックポイント 真鶴峠、第8チェックポイント 根府川駅(353.1km 2:29)を越えて、すでに平坦でも30km/h出すのがやっとな状況で最終チェックポイント セブンイレブン茅ヶ崎サザンビーチ店(384km)には3:51。すでに身体の冷えは限界に近い。(そういえば湘南大橋の温度計は0℃だった)

しかしあとは50km、死に体にムチを打ってでも帰らねば。。。決死の思いで動き出すも吹きすさぶ北風にさらに奪われる体温。

藤沢まで来た所で、境川サイクリングロードなら信号ないから早く帰れるんじゃないかなーと逡巡するも、まだまだ辺りは暗いので該当のない川沿いは回避してそのままR1続行。

すると保土ヶ谷を過ぎた辺りで赤信号に8連続で止まらされた上に、その後も2つに一つは赤信号。もしかして超早朝時間帯って下りのことしか考えてない信号タイミングですかコレ?

冷え切った身体にストップ&ゴーがもたらすもの、それは膝の故障。完全に冷え切って油切れ状態の膝関節に対してトルクの掛かるゼロスタートを繰り返しているとまずは左膝が痛み始め、後にそれをかばった右膝がどうしようもない痛みを訴えてくる。

もうこうなるとインナーでしか走ることは出来ず、速度は20km/hも出ない。すでに完全に夜もあけ交通量が増え始めた頃に都内に入り、まさに這うようなスピードで環七を走ってついについに出発地点のサコッシュに帰還!!

カフェサコッシュに帰還
やっとの思いでカフェサコッシュに帰還

時間は7:01、出発が前日の7:36だったので23時間25分。距離はサイコン読みで447.3km。寒さとそれが引き起こした膝痛とで本当に生きた心地がしない中のゴール。途中で3時間寝た去年の同時期の400kmブルベは20時間28分、寝ながら道志みちを下ったアタック三保は18時間50分に比べて異常に時間がかかったているところからサコライド伊豆430の過酷さが分かっていただけるかと思います。

そしてもっともキツかったのがここから自宅までの14km弱。まったく動こうとしない足でどうにか帰宅してすぐに布団に潜り込んでも1時間しか眠れず、またその後も足の冷えが取れず本気で後遺症などを心配したりしたのでした。

この後、逆回りメンバーのゴールを迎えに行きつつご褒美ベリーオレを飲みに行ったのですが、それは次の記事にします。

なおサコライド挑戦中およびゴール後、ツイッターにてみなさまから応援を沢山いただきましてありがとうございます。何度も心が折れそうになりましたが本当に励みになりました。個別にお返事が出せませんでしたが、本当にありがとうございました。

サコライド伊豆430 その1 また下田に来たわけで
サコライド伊豆430 その2 未知との遭遇
⇒ サコライド伊豆430 その3 ベリーオレに生命をかけて
サコライド伊豆430 おまけ ごほうび♥
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
logo_2hanx2 自転車用品の海外通販価格比較サイト 2hanx2.com
最新登録商品割引率ランキングもやってます。

自転車ブログ
ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ 通勤・通学へ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

極寒の中、伊豆半島ぐるっと回るのはある意味修行ですね。w
しかし、無事に早いタイムで走り切ったのはさすが!最後は
かなりきつそうだったけど、思い出に残るんじゃない?
どうもお疲れ様でした!

本当にお疲れ様です

無事の生還おめでとうございます^^
かずいさんがこんなになるなんて、やっぱ厳冬期の伊豆一は行ってはいけないんだな。やめといてよかった(笑)

どんなにお疲れでもやっぱ速いなぁ・・・
読んでると伊豆が近く思えてしまうからコワイ(^^ゞ

さきぼうさんへ

イベントじゃなければ絶対にこんな時期にはやらないですねw
ただ西伊豆がほぼ夜だったので昼間に走りたいかもしれないです。
夜通しブルベは走るのが必死であまり景色とか見てないので思い出に残らないんですよw
さきぼうさんも次回のサコライド房総とかいかがですか?

まこたさんへ

コメントいただきありがとうございます。
自分は寒さに弱いのでこの時期の夜通しはダメですね。
さすがに今回はキツかったです。
ではまた、どこかのブルベでお会いしたらよろしくお願いします。
Ranking
ランキング参加中!
ひとつクリック
にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキングへ
プロフィール

30代の自転車脳。
愛車は通勤用MTBがルイガノ XC-Race 2001。ロードバイクはFOCUS Izalcoに乗り換えました。JCRC Cクラス。
個人的なブログはコチラに移動しました。
ご連絡はこちらからどうぞ

最新コメント
Online Cycle Shop
ブログのサイコン
 走行距離: km
 瞬間風速: m/s
RSSリンクの表示
Tag Cloud

チームオヤジ朝練
海外通販価格比較サイト
自転車用品の海外通販価格比較サイト
海外通販サイトの価格比較が行えます。キーワードを入力して「検索」ボタンをクリックしてください。
自転車ニュースのまとめ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
advertising
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。